報告)10/29 自然保護講演会

滝澤 憲久 氏「奥多摩の自然を守ろう~東京都レンジャーの話~」

滝澤 憲久 氏「奥多摩の自然を守ろう~東京都レンジャーの話~」

~ 自然保護委員会主催 ~

日 時

2021年10月29日(金)18時30分~20時30分

会 場

立川市女性総合センター5階第3学習室

演 題

奥多摩の自然を守ろう~東京都レンジャーの話~

講 師

東京都自然保護指導員(東京都レンジャー) 滝澤 憲久 氏

参加者

一般 7名、会員 20名、計27名

報 告

東京都自然保護指導員(東京都レンジャー)滝澤 憲久 氏

講師の自己紹介後に、動植物、地質、気象などの専門家ではないが、山の巡視をしているため一番良く知っているので、今日の講演は双方向を重視した講演にしたいと述べられ開始した。東京都レンジャーは正式には、東京都自然保護指導員で非常勤職員である。主な業務は、①利用マナーの普及啓発および指導②法令違反行為の監視、指導③自然公園施設の点検、応急補修④山火事、森林災害の早期発見、防止⑤サポートレンジャーの指導、監督で、現在25人(奥多摩地区4、御岳地区4、檜原地区3、高尾地区5、小笠原9)で行っている。講師は奥多摩地区を担当している。

奥多摩は、秩父多摩甲斐国立公園で東京、埼玉、山梨、長野の1都3県にまたがり一番標高が高いのは北奥千丈岳である。東京都公園計画では、特別保護地区、第1種特別地域、第2種特別地域、第3種特別地域、普通地域に分け管理している。奥多摩の最大の特徴は火山がないことである。奥多摩の自然と魅力については、春、夏、秋、冬の風景写真で説明された。標高毎に変化する植物は、亜高山帯(1800m以上)、山地帯(1800~700m)、低山帯(700~250m)に分けた樹林風景で説明された。昆虫などを含む動物はセンサーカメラ動画および写真でクイズ形式で紹介された。植物も同様に多くの写真を紹介された。

自然公園の保護と利用は、利用者が安全に利用できるように、自然とのバランスが大事だと述べられ、東京都レッドリスト(本土部編)2020年版を示して、10年前より絶滅危惧種が増えているが、レッドリストの種だけ残れば良いわけではなく、今日一番言いたいのは「生物多様性と生態系を守る」ことである。地味で目立たない生物達も自然の構成員で生物と生物が係り合う関係は、絵本「つちはんみょう」に良く描かれている。自然の複雑な関係性の全貌を人間は解明できていないので、生物多様性が守れない。

具体的な自然公園の保護と利用は、配布された「自然公園利用ルールガイド」に詳しいが強調して説明された。そのために東京都は、登山道、指導票、橋、階段、避難小屋を整備しているので、その情報を各ビジターセンターに提供して欲しい。抱える課題としては、自然災害の猛威(台風、豪雪、大雨など)、シカによる食害、人による被害(オーバーユース、盗掘、踏み荒しなど)がある。

自然公園の整備と保全は、デリケートでやり過ぎると自然を壊してしまうので、情報を集め注意深くやるしかない。最後に「みんなで守ろう!東京に広がる大自然!」と述べ講演会を終了しました。

(文:河野悠二、写真:石塚嘉一)

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました